Home
Patronate
Download
Presse
Organisation
Unsere Sponsor
Sponsoring
Konzerte Archiv
Link

 

 

ハインリッヒ・クヌッセル 

スイス・ルツェルン生まれ。チューリッヒ音楽院でピアノ指導と教会音楽指揮法の学位を取得。パリにて楽曲分析をナディア・ボランジャーに、 ピアノをピエール・リアックに学ぶ。

さらに、レト・チュップのもとでオーケストラ指揮を、チューリッヒ大学で音楽学・音楽史の研鑽を積み、ウィルヘルム・エーマン、フリーダー・ベルニウス、ヘルムート・リリンク、ウィーンマイスターコース(ユリウス・カルマー)のもとで指揮法を、コシチェ国営交響楽団(クリスチャン・ポラック、クルト・リヒター)のもとでオーケストラ指揮法を学ぶ。ルツェルン音楽院オルガン科修了。

ルツェルンヘンデル合唱団音楽監督 (1986-1998), ルツェルン男声合唱団音楽監督 (1993-1996), アマデウス合唱団音楽監督 (1996-2005)として、オラトリオやシンフォニーオーケストラ共演の合唱曲を指揮する。さらには、アルモニア室内合奏団(1991年より),ヴォーカルアンサンブル「イ・カンタンティ」(2003年より)、「休眠楽譜」プロジェクト(2005年)の音楽監督、ルツェルン聖カール教会音楽監督として、スイスルツェルン地域の音楽文化向上に貢献している。